このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

映画制作本数

映画といえばハリウッド。
そのハリウッドを凌ぐ勢いで映画を製作し続けているのが、実はインド。

1990年には948本と、1000本に迫る最多製作数をマークしました。
近年では1000本を超えたという情報もあります。
こんなに数が多いのは、20を超す言語の映画がそれぞれ製作されているから。

インド映画の製作開始は1912年。
トーキー化は1931年で、以後インド映画は歌と踊りが入る「ミュージカル」が主流になりました。
インド映画は数ばかりで質はイマイチ、と酷評された時代もありましたが、2001年の第58回ベネチア映画祭で、最高賞の「金獅子賞」を受賞し、芸術性も認められるようになりました。

映画の都ボンベイ(現:ムンバイ)は、ハリウッドになぞらえて「ボリウッド」と呼ばれることもあります。