このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

ヒマラヤに住むシェルパ族

ヒマラヤ登山隊に仕える現地人ガイド=「シェルパ」と思っている人が多いようですが、正確には違います。
シェルパとは、ネパール北部の標高3000m以上の高地に住む「シェルパ族」のこと。

彼らは500年ほど前に、東チベットからヒマラヤを越えて、その南西に移動してきたといいます。
厳しい風土の中、高度の異なる畑地で農作したり、放牧地の間を季節ごとに移動しながら生活しています。
その習慣から、登山活動での優秀さを知られるようになりました。

現代、多くの登山隊やトレッカーたちがネパールを訪れます。
その際に、地元のシェルパ族が高所での荷物運びやガイドに従事しているというわけです。