このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

インド人女性の額の赤い印

ヒンドゥー教徒の女性がつける、額の赤い印は「ティラク」または「ビンディー」といいます。
ティラクは元々サンスクリット語で「印」を、ビンディーは「点」を意味します。

伝統的にティラクは、自分の属するヒンドゥー教の宗派を表す文様を描いたもの。
シヴァ派だと3つの平行線や三日月など、ビシュナヴァ派の人はU字型に似た2本か3本の先を描きます。
ティラクは、男女ともにつける宗教的な印であり、悪霊から守護する役目もあるといいます。

現代の女性の多くは赤い点を描くことが多く、外出する際にサリーの色に合わせるといったファッションのひとつになりつつあります。
材料は聖なる火を燃やした後の灰や、白檀、赤い色の鉛、それに「クンクム」と呼ばれるウコンと石灰を混ぜた粉が主流です。