このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

日本独自のカレー

カレーライスに関して、日本独特の種類や習慣があるようです。

●福神漬けを添えるという習慣は、日本独特のものです。
日本で初めて福神漬けを添えたのは、日本郵船の一等食堂だったといわれています。

●いまや定番メニューの「カツカレー」の発明は大正時代です。
当時浅草の洋食屋「河金」には、カレーライスとカツレツの2種類しかメニューがありませんでした。
ある客が、2つのメニューを一緒にしてくれ、と注文。
店の主人はご飯の上にカツを載せ、その上にカレーをかけて出したところ、大変喜ばれたといいます。
お客のニーズに応える姿勢が、日本独自のものに進化して後世に伝えられる、という良い例でしょう。

●しょうゆ味ベースの「カレー丼」も最たるもののひとつ。
関東大震災のあと、カツ丼などの和洋折衷ものをメニューに加えた際に完成したといいます。