このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

イバン族も恐れた吹き矢族

ボルネオ島の先住民族で最も少ないといわれているのが「プナン族」。
全体でおよそ1万人くらいだそうです。

その内の約300人はいまだに定住せず、森の中を移動しながら生活しています。
生活の糧は狩猟採集で、主に吹き矢で獲物のを狩るので「吹き矢族」とも呼ばれています。

180cmもの吹き管から放たれた矢の射程距離は、およそ50m。
矢の先には樹液や毒蛇から採った「猛毒」が塗られており、どんな動物でも30分以内に死ぬといいます。
主な獲物はイノシシ、シカ、サル、イタチなどで、時にはニシキヘビやヤマアラシも狩って食べます。

吹き矢の腕前はジャングル一を誇り、最強の「イバン族」(「最強のイバン族」)も、「プナン族」とだけは交戦しなかったと伝えられています。