このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

海のジプシー

地上に家屋を持たず、船に住みながら水上生活を送る人々がいます。
その代表がマレー語でオラン・ラウト「海の人」と総称される漁民の集団です。

「海のジプシー」とも呼ばれる「バジャウ」は、ボルネオ島北岸からフィリピンのスルー諸島にかけて漂海します。
家船は全長およそ10m、幅1.5mほどの大きさで、船尾にはコンロと水がめが置かれるのが普通です。

男たちは刺網を仕掛けたり、長いヤスでナマコなどの獲物を狙います。
女たちは浜辺で薪や貝などの食料を集め、キャッサバの調理をします。
小さな船で大きな海を渡りながら、バジャウの人々は誕生から死ぬまでの一生を海上で過ごします。

しかし現在では、政府の政策によって陸地の住宅に移り住む人も増えてきたといいます。