このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

水上の高級住宅街

カンボジアのトンレサップ湖など、東南アジアの河川や湖沼には、家船を利用しながらも定住性の高い水上生活を送る人々もいます。

例えば広東から福建にかけて蛋民(たんみん)と呼ばれる水上生活者がいたことは、10世紀頃から知られていました。
水上生活いうと貧困をイメージしがちですが、そうではない例もあります。

中でも有名なのが、石油大国ブルネイの大川に浮かぶ「カンプン・アイール」。
この水上集落は600年以上の歴史をもつ世界最大のもので、現在も3万人の人々が生活しています。
一大集落というだけあって、学校、病院、それに消防署まであります。
外観は木造平屋作りといった素朴なものですが、その内部は立派なもの。
水道、電気はもち論、10畳以上のリビングにはテレビ、ビデオ、エアコンまで揃っている家庭が多いのです。