このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

アーユルヴェーダの薬

アーユルヴェーダの薬といえば、「ハーバル・メディスン」すなわち薬草を主とした生薬が中心です。

内服薬の多くは現在、錠剤や顆粒状の形になっており、これらの専門店はインド亜大陸に無数にあります。
本場インド人の間で最も親しまれているのは「チャワンプラーシュ」に代表される心身健康薬。
新陳代謝を促進させ、何にでも効いて副作用なし、といううたい文句が人気の秘訣だそうです。

西欧での人気の品は、薬草を主体にした「ハーバル・シャンプー」、それと薬草クリームなどの美容化粧品です。
胃薬や風邪薬はもち論、養毛剤や催淫剤なんかもアーユルヴェーダ薬品として売られています。

変わったと品といえば、記憶力の増強をうたう「頭の良くなる薬」も最たるもののひとつでしょう。