このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

漢方は日本の医学

中国の医学といえば「漢方」と思い込んでる人が多いようですが、正確には違います。
「漢方」という言葉は中国語ではなく、「和製用語」すなわち日本で作られた言葉です。
中国では、自分の国の伝統医学のことを「中医学」と表現しています。

とはいえ、漢方の源は、古代の中国医学に遡ります。
中国医学は、起源前後にはすでに完成の域に達していたといわれています。
その中国医学が仏教や漢字などの文化と同様に日本に伝わり、その後徐々に日本人に適するように変わっていったのです。

古くは大和朝廷が朝鮮(新羅)から良医を招き、天皇の病気を治してもらったといいます。
中国医学は日本に同化され、日本の医学として独自の発展をするようになり、「漢方」が誕生したといえます。