このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

陰陽説

陰陽説とは、世の中のすべてのものを「陰」と「陽」2つに分ける考え方です。
例えば昼が「陽」で夜は「陰」、夏は「陽」で冬は「陰」という具合です。

陰と陽は固定したものではなく、夏から冬へと季節が変化したり、夜がふけて朝になるように、常にお互いに変化し、補い合う関係だというのも特徴です。
また、地に降る雨(陰)がやがて蒸発して雲(陽)を作り出し、その雲が雨を降らすというように、陰が陽を生み、陽が陰を生む関係もあります。

この関係性は私たちの身体にも当てはまります。
体内の陰陽のバランスがどちらにも偏らず、均整の保たれている状態が健康な状態です。
このバランスが崩れると体調が悪くなり、体調不良や病気の原因になると考えられています。