このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

五行説

世の中のすべてのものは、植物(木)、熱(火)、鉱物(金)、土壌(土)、液体(水)から成り立っていると考えるのが「五行説」です。
五行説では、「木・火・金・土・水」が、互いに影響を与え合って自然界のバランスを保っているといいます。

五行の関係には、プラスの関係である「相生関係」とマイナスの関係である「相剋関係」があります。
相生関係は、木が燃えて火になり、灰になって土に帰る、というように、順繰りに次のものを生み出していく関係性。
相剋関係は、水が火を消し、火が金属を溶かす、というように互いの特性を抑制する関係性です。

中医学では、身体を構成する五臓や五感などをすべてこの5つに分類します。
この五行に陰(日)と陽(月)を加えたものが、一週間の曜日です。
そう考えると「陰陽」「五行」がいかに私たちの生活に身近なものであるかがわかりますね。