このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

漢方薬の効き目

漢方薬は長期に服用して徐々に効果を現していくケースが多いようです。
しかし現代の進歩した医学をもってしても治らない、あるいは治りにくい病気などに対して漢方薬を利用することが多いのが現状です。

慢性病には一般的に11〜2か月間試して様子をみればよいといわれていますが、実際には15〜30日以内に効果が現れることも珍しくありません。
しかし、中には3カ月〜6か月ほどの試し期間が必要な場合もあります。

体質改善を目的として、虚弱体質や冷え性の改善などにも漢方は有効といわれています。
また、アレルギーなどの体質的な病気に対しては、西洋医学よりも進んでいるという見方もあります。