このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

漢方薬の種類

・煎じ薬 =草や木の根などを乾燥させて刻んだもの。
原始的ですが、最も自然に近く、効果も良いといいます。
ただし、煎じるのに手間がかかり、味もやはり少し飲みにくいものが多いようです。
・粉末 =草や木の根などを細かい粉末にしたもの。
飲むのは楽で煎じる手間も要りませんが、一度に大量には服用できません。
・丸薬=粉末を蜂蜜などで練って、丸くしたもの。
大きさも色々あり、大きい物はひとつずつ臘でくるみ、飲むときは臘をわって飲みます。
・丸薬 =粉末を蜂蜜などで練って、丸くしたもの。
大きさも色々あり、大きい物はひとつずつ臘でくるみ、飲むときは臘をわって飲みます。
・エキス剤=草や木の根などを煎じて得られたエキスを澱粉などに吸着させて、飲みやすくしたもの。
煎じる手間も要らず、粉末よりは、多くの生薬を一度に服用できます。
ただし、エキスを作る時に、有効成分が100%抽出されるとは限りません。
エキス剤はさらに、細粒、顆粒、錠剤、丸薬、カプセルなどに分類されます。