このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

漢方薬の副作用

漢方薬にも、少なからず副作用を起こす場合があるようです。
(その人の体質にも関係している可能性があるので、詳しくは医師や薬剤師などにご相談下さい)

漢方薬の原料のほとんどは、飲食物に近いものです。
飲食物で体質的に合わなくて胃腸が悪くなったり下痢したりするように、体質に合わない漢方薬を服用すれば同じ様な不都合が出ることがあるようです。
これが副作用といえます。

そのような副作用が起きないために、体質を詳しく見極めてその人に合った漢方薬を処方することが、副作用防止の最善策。
ただし、瞑眩(めんげん)といって、一時的に悪い症状が出て、その後良好する場合もあるようです。

※このあたりの判断は大変難しいので、漢方薬を服用する場合には漢方に詳しい医師や薬剤師に相談して下さい。