このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

チベットの鳥葬の理由

日本人から見るとやや残酷に思える「鳥葬」も、チベットの人々にとっては実に自然なことです。

宗教上は、魂の抜け出た遺体を「天へと送り届ける」ための方法として行われており、鳥に食べさせるのはその手段に過ぎません。
そのため現行の鳥葬という訳語よりは「天葬」、「空葬」と呼ぶほうが、より本来の意義に近いという声もあります。

また、鳥葬はチベットの自然条件にも合っています。
特に中央チベットから西チベットにかけては樹木が乏しく、火葬にするための燃料が不足しており、岩場や凍土も多いため、土葬にも向かないのです。  

しかし最近、中国の西蔵自治区当局は、鳥葬は非衛生的だとして火葬を奨励しています。
もちろん、チベット側からは反発の声があがっていますが、問題もあります。
最近のハゲワシは死肉をあまり食べなくなった、というのです。
理由は、薬品や食生活の変化によって人間の体内に化学物質が蓄積したためではないか、と考えられています。