このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

インドの鳥葬

インドの「 パースィー (またはパールスィー)」と呼ばれる拝火教徒も、鳥葬を行います。

パースィーは、死体が火を穢すことになる火葬を行わず、また同様の理由で土葬や水葬も行いません。
そのために「鳥葬」が一般的となりました。

死体はダクマという祭壇に置かれます。
これは、古代ローマのコロセウムにも似た円筒状の塔のこと。
その上に置かれた死体は鳥がついばんで骨となり、骨は陽光によって漂白されます。
そして最終的には土に還るというわけです。
その際に肉片が残らず、すみやかに骨だけになるとよいとされています。