このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

メモ帳とペンは必須アイテム

Tシャツにビーチサンダルという軽い出で立ちで、インドのムンバイを旅していたときのこと・・・。

現地で知りあった友人との待ち合わせのために「オベロイホテル」ヘ向かった。
歩くには遠いのでタクシーに乗り、行き先の「オベロイホテル」を告げた。
車は動きだし、渋滞にも巻き込まれず、軽やかに牛をすり抜けながら目的地の方向へ進んでいった。

ところが、10分経っても15分経っても到着しない。
運転手に確認をとったが、「ノープロブレム」と返されるだけ。
20分が経過したとき、さすがにおかしいと思い車を停めさせた。
そして、車中で地図を広げて目視確認させると、運転手が驚いた。
「オペラハウスじゃないのか!?」
「オベロイホテルだ! Tシャツにビーチサンダルでオペラハウスに行くと思うのか!」

このように、ヒアリングから起こるトラブルは、海外旅行では日常茶飯事。
タクシーやバスに乗る場合は、なるべく最初に地図を広げて確認させることが大事です。
地図がないときは、メモ帳などに行き先を書いて示すことをお勧めします。

悪徳運転手に遠回りをされた場合でも、そのメモ帳が証拠となって周りの人たちを味方につけることもできます。
さらに、相手の言葉が聞き取れない場合でも、紙に書いてもらって字で見ると、理解できることも多いのです。

また、ケガや病気で薬局や病院に行った際にも役立ちます。
普段は使わない単語で説明するよりも、症状や要求を絵にして示すほうが伝わるものです。
メモ帳とペンを駆使すれば、まったく言葉の通じない少数民族に出会っても意志疎通は計れます。