このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

ナーダムの変遷

モンゴルの「ナーダム」とは、広く祭典一般を意味します。

国のナーダムは毎年7月11日の革命記念日にウランバートルで開かれます。
県や群単位のナーダムはそれぞれの土地で行われており、「革命」以前は四季の儀礼のほか、ハーンの即位や遠征の際にも催されたといいます。
また、軍事教練的な意味合いも持っていましたが、モンゴルの力が衰えると軍事的意味よりも仏教的意義が盛り込まれました。

しかし革命以降は宗教的意味も払拭され、様々な競技規則も規定し直されて、現在のナーダムの形が出来たようです。
現代のナーダムの中心行事は、なんといっても「競馬・相撲・弓射」です。

優勝した力士や馬は、国家の威勢を象徴すると今でも考えられています。